イントロダクション・ストーリー

イントロダクション

すみっコたちに、スクリーンでまた会える!
待望の劇場アニメ第2弾

「すみっこにいると、なぜか落ち着く。」

そんなちょっぴりネガティブだけど個性的なキャラクター、すみっコぐらし。
その世界観は子どものみならず大人たちも魅了し、
初めての劇場アニメ『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』は
動員120万人を超える“大ひっと”!
絵本の世界で繰り広げられるすみっコたちの優しい物語に日本中が癒されました。

そして2021年秋、
すみっコたちがふたたび映画館に帰ってきます!

今度の舞台は、すみっコたちが暮らす町。いつもの町に訪れる青い月の夜、ふしぎな物語は始まります。

映画第2弾を手掛けるのは、監督に「夏目友人帳」の大森貴弘
脚本に「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の吉田玲子
数多くのアニメ作品を手掛けてきた二人が初めてタッグを組み、新たなすみっコなかまに加わりました。
そしてアニメーション制作は、前作に引き続きファンワークスが担当。
すみっコたちのマイペースな暮らしをあたたかなタッチで描きます。

ストーリー

とある秋の日、キャンプに出かけて行ったすみっコたち。
楽しい時間はあっというまに過ぎ、夜もふけてきた頃、ぺんぎん?は、ある伝説を思い出す。

「5年に1度おとずれる、青い大満月の夜。
魔法つかいたちが町にやってくる」

すみっコたちが見上げた先には、大きなブルームーンが浮かんでいた!
その夜、いつもの町にふしぎな魔法がかけられて…?

うえにもどる