ストーリー

いつもの喫茶店、いつものすみっこ。
その地下室に隠された、ふしぎな絵本とは・・・?

ある日の午後、お気に入りの喫茶店「喫茶すみっコ」へとやってきたすみっコたち。
おなかをすかせて注文した料理を待っていると、突然、地下室から物音が。

「地下室のすみっこに誰かいる・・・?」

みんなで中に入って行くと、そこには一冊のとびだす絵本。
ひどくボロボロで、ページの大事なところがなくなっている。
桃太郎のお話のページには背景があるだけで、おじいさんもおばあさんもいない。
すると突然、大きな影が現れて、えびふらいのしっぽが絵本にすいこまれてしまう!

すみっコたちがおっこちた物語の世界にいたのは・・・新しいすみっコなかま

うえにもどる